支持率再び上昇、安倍首相は「国際感覚がある」 ナヌ?

▼支持率再び上昇、安倍首相は「国際感覚がある」 ナヌ?

 日経とテレビ東京による22~24日の世論調査。安倍内閣の支持率は52%となり、前回の5月下旬の42%から10ポイント上昇した。

不支持率は5月の53%から42%に下がった。支持率が不支持率を上回るのは2月以来、4カ月ぶり。

 支持する理由を複数回答で聞くと「国際感覚がある」が37%で最も多く、「安定感がある」の36%、「指導力がある」の22%が続いた。(以上 日経)
*******************
安倍のどこに外交手腕があると言うのか?

対ロシア外交。
 何度プーチンに会いに行っても、「わが国と日本の間に領土問題は存在しない」と軽くあしらわれ、挙句の果てには北方領土開発の「手伝い」をやられている。3000億円の経済支援はその一環。

対米外交。
 せっせと“忠犬”役を果たしているが、トランプは安倍晋三など眼中にない。米国と「完全に一致している」と思い込んでいるのは安倍の勝手と、涼しい顔だ。

 トランプは、自分が北朝鮮と喧嘩をしておきながら、非核化の費用は韓国と日本が出せと身勝手な放言。過去の事例を検証することなしに「分かりました」と安倍。鉄鋼に25%の関税をかけると宣言された上に、自動車でも脅しに遭っている。

対北朝鮮。
 昨日まで「国難だ」と絶叫しておきながら、トランプが手のひら返しをした途端、「金正恩委員長は指導力がある」と安倍晋三。なんだ、それ?

対中国も、対韓国もしかりである。

 中国に対抗してアフリカ諸国や、東南アジア各国にカネをばら撒いたが、各国は日本より中国を支持。何の役にも立たなかった。安倍晋三は私たちの巨額の税金をどぶに捨てた国賊である。

 こんなボンクラの、どこに外交手腕があるのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック