黒田総裁を居座り続けさせる安倍晋三の思惑!

▼黒田総裁を居座り続けさせる安倍晋三の思惑!
 日銀総裁の黒田東彦は2013年4月4日の金融政策決定会合で、2年間で前年比2%の物価上昇率を目指すと発表。インフレターゲットというそれである。

 お札をドンドン刷って、市場に供給するお金の量を2年間で倍増させると言った。いわゆる「金融の量的緩和」という仕掛けである。

 カネがあふれ、株式市場に回り、株価は上昇。金持ちは大もうけをした。日銀のカネは市中銀行を経て土地の買い占め資金に化けた。

 その結果、換金性が高い場所の土地やマンションなど不動産はうなぎのぼりに上昇。ついにバブル期の値段を突き抜けた。

 だが、それで景気が良くなったかと言えばノーである。格差が拡大しただけで庶民の暮らしは返って悪化し、中小、零細企業や年金生活者は厳しい状況に追い込まれている。

 カネが市中にジャブジャブ溢れているというが、どこに溢れているのか?私には一向に見えてこない。みんな株や不動産に流れているのではないか?

 あれから2年が経過しても、4年が経っても、黒田は「道半ば」を繰り返す。2年で2%の物価上昇を実現するどころか、ひずみが拡大。完全な公約違反である。アベノミクスは完全に破たんした。

 黒田は責任を取って交代すべきだが、安倍晋三は火の粉が及ぶのを恐れて黒田を残留させた。

 再任が決まった黒田は「目標に向けて総仕上げを果たすべく全力で取り組む」とシャーシャーと言ってのけた。

 国家や国民はどうなっても構わない。自分たち「仲間うちだけ良ければそれでよし」、これが安倍晋三を取り巻く面々の考えだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック