森友事件などどこ吹く風と笑顔で対談の昭惠!

▼森友事件などどこ吹く風と笑顔で対談の昭惠!
 森友事件の渦中の人、安倍明恵は17日午後、愛知県東海市で開かれたイベントに堂々と出席。朝日新聞によると、「終始笑顔で40分ほど対談した」という。

 どのツラ下げて参加したのだろうか?ふつうの神経の持ち主なら、恥ずかしくて外には出られないハズだ。

 彼女はいま、国会で大問題となっている森友学園への国有地の激安払い下げ事件絡みの改ざん前の決裁文書に、「いい土地ですから、前に進めてくださいと、昭惠夫人からお言葉をいただいた」との記載が見つかるなど渦中の人だ。

 ダンナの安倍首相は去年2月17日の国会答弁で「私や妻が関係していたということになればこれはまさに私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということははっきりと申し上げておきたい」と大見得を切った。

 この時の発言の責任が今、問われている。イタリアに逃した総理夫人付きの公務員、谷査恵子の招致話まで飛び出している。

 昭惠の意向を受けて谷が財務省と頻繁に連絡を取り、その返事を籠池泰典にメールしていたからだ。谷はだれの指示でそんなことをしたのか?言わずものがなである。

 そんな森友事件の“スター”である安倍昭惠は、野党の国会招致要求から逃げ回る。夫の安倍晋三は血相変えて「妻はそんなことは言ってない」と否定する。ならば昭惠の口から直接説明させるべきだ。なぜ、やらない?

 肝心なことから逃げ回り、イベントにホイホイ出かけるのはいかがなものか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック