安倍首相が明恵の疑惑関与を暗に認めている証拠!

▼安倍首相が明恵の疑惑関与を暗に認めている証拠!
 うそ、うそと繰り返す安倍晋三を立憲民主党の逢坂誠二は「問題のすり替えだ」と厳しく批判した。安倍は妻、明恵のことに触れると、ハリネズミのように全身のハリを逆立てて守りの構えに入る。

 それだけ恐れているのだ。やましいことがなければ怖がる必要はない。明恵本人を国会に呼んで堂々と話をさせたらいいだけだ。それができないのである。

 安倍晋三が「森友学園への国有地の激安払い下げ疑惑」への明恵の関与を、暗に認めている証拠である。  (敬称略)

*************************

森友学園の問題をめぐる野党側の追及が続く中で安倍首相は「うその報道に乗って質問している」などと、これまでの報道や野党の姿勢を激しく批判した。

安倍首相は野党側が昭恵夫人の国会招致を求めたことには答えず、籠池前理事長の発言をもとにした事実に反する報道が続いていると報道批判を展開した。

逢坂誠二「まずは安倍昭恵さん自身が真実を語るべきなんですよ」

安倍首相「この籠池さん、真っ赤なうそ、うそ八百じゃありませんか、うその報道に乗っかってそれが事実であるとして事実と認定して質問をする。延々と、しかも質問しますから」

逢坂議員「報道が違っているということがどうではなくて、なぜ今回この森友の問題がみんなから不透明なところがあるというふうに思われるのかと、それはまさに安倍昭恵さんのこれまでの行動、そこに課題、問題があるんじゃないですか」

安倍首相「報道が間違えた原因が私にあるかのように、また妻にあるかのようにいうのは間違ってますよ。一方的なデマ中傷を肯定するのとそれは同じですよ」

この答弁に対して逢坂議員は「問題のすり替えだ」と批判した。

詳しくはここをクリック
http://www.news24.jp/articles/2018/02/05/04384882.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック