あのメモが回り回って官邸に・・・更迭!

あのメモが回り回って官邸に・・・更迭!
 日本の女性の中でいま、一番元気な東京新聞の望月衣塑子と自由党議員の森ゆうこが今月19日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で「まかり通る恐怖政治の実態」について語った。

 この中で望月は政治家と一部政治部記者の“癒着の構造”を批判。この後、「安倍一強の中で政治部記者もモノを言いづらくなっている。そうした中で政権によるメディアコントロールが進んでいる」と警戒。

 昨年6月の釜山の森本康敬総領事の更迭事件について「数社の政治部記者と懇談した際、総領事が官邸に批判的なことを言った。あの時のメモが回り回って官邸に届き、更迭処分となった」と望月。

 この場合は「オフレコ懇談」と言ってストレート記事にしない暗黙の約束がある。そんなメモが安倍晋三の耳に届いたということは「ご注進」した御用記者がいたわけだ。これでは寒山に安倍晋三の飼い犬である。

森ゆうこが言った。
 「権力の集中が進む安倍政権では森友も加計もスパコンもそうだが、オトモダチには特別なサービスをする。歯向かう人、例えば前文科事務次官の前川喜平にはスキャンダルをでっち上げる。

 従わない者に対してはあのような恐怖政治を敷く。そうすると、権力の言いなりになる方が楽と言う方向に行くのではないか。特に安倍一強の中でこの傾向が強まっている」。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 官邸の走狗になり下がった記者と望月衣塑子!

    Excerpt: ▼官邸の走狗になり下がった記者と望月衣塑子!  東京新聞社会部の望月衣塑子が、一部の政治部記者は安倍官邸の走狗になっていると言った。彼女は若いから過去のことを知らないだろうが、この種の記者は以前から.. Weblog: 半歩前へ racked: 2018-01-24 12:30