半歩前へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 何度、言ったら分かるのか!彼は”電波芸者”だ!

<<   作成日時 : 2018/07/12 23:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

▼何度、言ったら分かるのか!彼は”電波芸者”だ!
 週刊朝日で田原総一朗が「嘘が常識の安倍内閣をなぜ国民は支持するのか」と言ったと、喜ぶオメデタイ人間がいる。

 何度、言ったら分かるのか? 彼はジャーナリストなどではない。お座敷がかかればどこでも行く”電波芸者”だ。節操など期待してはいけない。

 もともと田原は記者でもなんでもない。彼は日本教育テレビにいた普通の勤め人だから取材などまともにしたことがない。

 朝まで生テレビで「顔」を売り、名前を知られるようになっただけ。あの司会を見ればわかるハズ。発言中に平気で割り込みを許す。そればかりか、相手の意見をまともに聞かずに途中で突然、司会者自身が私見を押し付ける。

 聞いてる方は誰が何を言っているか分からない。それぞれが言いたい放題。司会者も好き勝手にくっちゃべっている。くだらない井戸端雑談番組だ。

 サンモニの関口宏と比べたら、どちらがまともな司会者かよくわかる。

 読売グループの月刊誌「中央公論」の最新号で、田原総一朗は小泉進次郎の売り込み企画記事の司会役を務めている。題して「徹底討論・ 政界ホープが緊急提言  私たちが挑む人生100年時代」 だそうだ。

 森友事件や加計疑惑でミソをつけた安倍晋三はそろそろ賞味期限切れ。次の人寄せパンダ、つまり安倍の代替要員として、テキは大衆に人気がある小泉進次郎の売り込みに乗り出した。

 最近、テレビや新聞、雑誌に小泉進次郎がやたら登場するようになった。テキは既にポスト安倍に向け行動を開始しているのだ。小泉進次郎も安倍晋三と同じくボンクラ。

 神輿を担ぐにはピッタリと言うわけだ。「神輿は軽くてバカがいい」が永田町の常識だ。そのちょうちん持ちの一人が田原総一朗である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何度、言ったら分かるのか!彼は”電波芸者”だ! 半歩前へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる