半歩前へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山本太郎の追及に安倍首相は必至で防戦!

<<   作成日時 : 2018/02/01 23:40   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

▼山本太郎の追及に安倍首相は必至で防戦!
 参院予算委での山本太郎の安倍晋三とのやり取りは圧巻だった。短い持ち時間の中で太郎は安倍を鋭く追及。今回も安倍はタジタジだった。ブログ「かっちの言い分」http://31634308.at.webry.info/201802/article_1.html
から鋭い質疑を転載する。  (敬称略)

山本:総理、資料の人物(籠池氏)の名前を教えて下さい。

(自民理事が異議。中断)

安倍:テレビの番組等で知ってます。

山本:名前は存じ上げないと?

安倍:名前は知っている。

山本:知っているなら、名前を言って下さい。

安倍:名前は籠池さんだったと思います。

山本:昨年3月31日に開かれた証人喚問で、誰かの発言で、その後偽証罪になったという発言はありましたか?

参議院事務総長:偽証罪になったという話はありません。

衆議院部長:H2911.28 衆議院予算委員会で希望の党後藤議員から籠池証人について告発するかどうかを委員会で意見を求める意見があり、委員長から理事会で協議するということがあったが、事務方としては委員会の内容は知らない。

山本:先の委員会で偽証罪に問われることはなかった。結局、籠池証人の発言にも虚偽は無かったと言えるのではないか。資料の2、籠池さんの発言。その中で安倍総理と奥様が登場する部分に下線が引いている部分を総理読んで下さい。

(自民の理事が再三、異議を申し立てる。中断。)

山本:事務総長:資料の2の赤線を引いた部分を読んでくれますか?

(与党理事が異議。中断。)

事務総長:「そして、9月5日、昭恵夫人は控室に使われている園長室で、私どもと対面して頂いたとき、同行していたお付きの人に席をはずすようにおっしゃった後、私と二人きりの状態で一人にさせて申し訳ありませんとおっしゃって、どうぞ安倍晋三からと封筒に入った寄付金として100万円を下さいました。昭恵夫人は全く覚えていないと言いますが、私たちは大変名誉なので鮮明に覚えています。

山本:総理。籠池さんの発言は、事実であり、現金100万円 総理が直接昭恵夫人に指示したという理解でいいでしょうか?

安倍:これは昨年何回も相当の回数答弁させて頂いていますが、そんな事実はございません。

山本:なるほど事実と違うと。つまり籠池さんが偽証を行ったと理解していいですか?

安倍:私はそのように思っていますし、籠池氏自体が私に100万円返しに来たが、真札は2枚で、安倍晋三記念学校も真っ赤な嘘でした。

山本:縷々話していただきましたが、つまり、籠池さんと安倍総理のどちらかの発言が真実ではないと。証人喚問をやると自民側の理由のきっかけは何でしたか?この100万円の話でしたよ。

総理を侮辱していると、それまでスルーし続けた証人喚問を開いたのですよ、なんでそのきっかけを放置していたのですか?発言の内容が違うのなら、偽証であるか徹底的に検証する必要がありますよ。

総理は先ほどおっしゃいました。自分も偽証だと思うと言われたのでないですか?ではどうして徹底検証がされないのか?

一方の当事者だけ引っ張り出し、片方の当事者呼ばない、こんな不公平はありないですね。片方の話を総理が話す?本人ではないではないですか?委員長、安倍昭恵夫人の証人喚問を要求します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山本太郎の追及に安倍首相は必至で防戦! 半歩前へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる